UNIQLO×UniqloU(ユニクロU)第2弾2018年春夏現地レポート!メンズ編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2018年1月26日(金)にローンチした、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いる「Uniqlo U」2018春夏コレクション。待望の第2弾が3月9日(金)を迎えました!さっそく最速で現地レポート<メンズ編>です!

Uniqlo U

進化しつづける。
追求しつづける。

Uniqlo U それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。

ユニクロU

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームがパリのアトリエからお届けする、ベーシックな服に革新をもたらすコレクション。
新しい素材や最先端の技術を取り入れ、他にない服のかたちを探求することで、
わたしたちの服を新しいベーシックへと創り変えていく。
Uniqlo U それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。

出典:UNIQLO公式Uniqlo Uページ icon-external-link 

2018 Spring and Summer Collection

カラーウェイと、マテリアルのみで魅せたシンプルとシルエットラインのみを徹底的に極めた2018年春夏コレクション。

無駄なディティールを排除した伝統的なデザインは、過去最高の珠玉のコレクション。

自然界のカラーにインスパイアされた鮮やかなコレクション。

そして今シーズンの「Uniqlo U」は、春夏らしい鮮やかなブライトカラーのアイテムが登場。空や海からインスパイアされたブルーと、森や草花を意識したグリーンが、シーズンを通してのキーカラー。

シーズンを追うごとに洗練されていくベーシックを極めたコレクションピースを展開。

上質なテキスタイルにアイテムクオリティをユニクロの商品力でファストファッションの本来ありえないくらいのプチプライスで、提供してくれる「Uniqlo U」(ユニクロU)

毎回ユニクロUを記事にするたびに、述べていますが、管理人の筆者がクリストフ・ルメールのディレクションに感じることは

「極めて普遍的なリアルクローズのアイテムを上品に洗練されて昇華させている」

ということに尽きます。

早いトレンドサイクルの中、ルメールのコレクションはとにかくシンプル。それが美しいまでに洗練されているので、シーズンが終わっても翌年もさらにその先も着ていけるデザイン。

もちろんトレンドもシルエットだったり、ワンポイントに止めるディティールだったりやりすぎない範囲で、ミニマムに上手く取り入れているから、普遍的なデザインにありがちな古臭さを全く感じない。

都会的でシンプルな大人のモードを楽しませてくれます。

そして、来期2018年春夏コレクションが公開された今日、またしても大きな感動をルメールから感じました。

今まで以上に無駄なディティールをそぎ落とし、そしてデザインの本懐である究極に美しいシルエットラインと、マテリアルそしてバリエーション豊富なカラーウェイ。

シルエット・マテリアル・カラーが三位一体となって織りなす珠玉のコレクションが、クリストフ・ルメールが2018年春夏コレクションで求めたもの、そして出した答えだと思いました。

その2018年春夏コレクションが、2018年1月26日(金)に記念すべきローンをしました。

UNIQLO│UniqloU(ユニクロU) 2018年春夏全ルックまとめメンズ編
16-17AWからUniqlo U(ユニクロU)に名称を変えユニクロの柱として展開していた、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いるUniqlo U。ついに2018春夏のドロップ...
UNIQLO│UniqloU(ユニクロU) 2018年春夏全ルックまとめレディース編
16-17AWからUniqlo U(ユニクロU)に名称を変えユニクロの柱として展開していた、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いるUniqlo U。ついに2018春夏のドロップ...
UNIQLO×UniqloU(ユニクロU)2018年春夏の現地レポート!メンズ編
16-17AWからUniqlo U(ユニクロU)に名称を変えユニクロの柱として展開していた、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いるUniqlo U。2018年春夏コレクション 来...
UNIQLO×UniqloU(ユニクロU)2018年春夏の現地レポート!レディース編
16-17AWからUniqlo U(ユニクロU)に名称を変えユニクロの柱として展開していた、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いるUniqlo U。2018年春夏コレクション 来...

そして前回2018年3月9日(金)にリリースする待望の第2弾「メンズ&レディース」まとめを記事にしました。

UNIQLO│UniqloU(ユニクロU) 2018年春夏第2弾3月9日(金)発売まとめ
2018年1月26日(金)にローンチした、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)率いる「Uniqlo U」2018春夏コレクション。待望の第2弾が3月9日(金)に発売されます。...

そして

2018年3月9日(金)その日は来ました…

UniqloU(ユニクロU)… 2018 SS

…待望の第2弾…

待ちに待ったリリースです!

さっそく最速の現地レポートです!

現地レポート

3月9日(金)にセカンドデリバリーされたメンズからはアウター1型、セーター・カーディガンから1型、シャツ2型、カットソーからが最多となる8型、ボトムスからは2型と14アイテムピースがラインナップ。

そして、グッズからはこれからの季節に嬉しいサンダルが、1型リリースされた。

第2弾での目玉といえるメインアイテムは、無地とストライプのオープンカラーシャツに、8型もあるTシャツ類、とくにマストバイな狙い目はボーダーTでしょう。

そして何気に良アイテムでオススメだった、サンダル!これは買いかと。

アウターからのデリバリーとなる、スイングトップ。季節的にか第2弾唯一のアウターカテゴリの追加アイテムです。スイングトップは往年の定番アイテム。無地でただ素材がよく綺麗なシルエットに細かいディティールにこだわるユニクロUのこのスイングトップは、持っていて損はなし。ずっと長く年齢を重ねても使っていけるアイテムです。

スイングトップブルゾン+E

>特徴
通常撥水加工で、背面部は通気性の高いメッシュ裏地を採用。
・ベーシックで現代風シルエットだから着こなしやすい。

¥6,990+消費税
商品番号:405947
無地とボーダーTシャツのオススメ、マストバイアイテムの2トップ。

ボーダーT(半袖)と、フットボールTシャツ(半袖)どちらもカラーが豊富でお好みのカラーで一枚づつは買っておきたいアイテム。

ボーダーT(半袖)+E

>特徴
・しっかりとした素材感が魅力のヘビーウェイト素材を使用。
・リラックス感のある、やや長めの袖丈とゆったりとしたシルエット。
・洗練された色の組み合わせにすることで、モダンなサーフボーダーTシャツに。

¥1,990+消費税
商品番号:409471

ボーダーT(半袖)+E

>特徴
・しっかりとした素材感が魅力のヘビーウェイト素材を使用。
・リラックス感のある、やや長めの袖丈とゆったりとしたシルエット。
・洗練された色の組み合わせにすることで、モダンなサーフボーダーTシャツに。

¥1,990+消費税
商品番号:409473

フットボールTシャツ(半袖)+E

>特徴
・やや長めの袖丈とゆったりとしたシルエットでリラックス感を演出。
・しっかりとした素材感が魅力のヘビーウェイト素材を使用。

¥1,990+消費税
商品番号:406792

チノスリークォーターパンツのアイテムラック。家族で楽に過ごしたいとき。オシャレに着るからカジュアルすぎないようにトップスにはキレイ目なアイテムを持ってくると吉。

チノスリークォーターパンツ+E

>特徴
・リラックス感のあるワイドシルエット。
・丈夫で柔らかな肌触りが特徴のモールスキンコットン素材。
・90年代のスケーター文化にインスピレーションを受けたスリークォーター丈

¥2,990+消費税
商品番号:404002
そしてシャツカテゴリの最大、メンズアイテム第2弾としても目玉といっていい夏のトップスに絶対着て欲しい、オープンカラーシャツの無地と、ストライプ。もう迷わずマストバイ。出来るなら無地と、ストライプから好みのカラーを一枚づつチョイスしたいところ。
目玉アイテムのオープンカラーシャツのみを集めた陳列スペース。いかに売れ筋アイテムなのかが伺えます。
どちらもカラーバリエーションはかなり豊富で、お好みやファッションスタイルで選べるカラーが多いのは嬉しい配慮。

オープンカラーシャツ(半袖)

>特徴
・オープンカラーとワイドなシルエットでリラックス感のある着心地。
・コットンモダール混素材のソフトな風合い。

¥2,990+消費税
商品番号:404413

ストライプオープンカラーシャツ(半袖)+E

>特徴
・オープンカラーとワイドなシルエットでリラックス感のある着心地。
・細めの糸を織り上げたコットンポリエステル混素材を使用しているので、軽くてソフトな風合い。

¥2,990+消費税
商品番号:406535
ハーフ・ショートパンツからもう一つの追加アイテム、イージータックハーフパンツ。ゆったりとした膝上のハーフパンツなので、レジャー遊びに着用していくにはうってつけのアイテム。遊園地やテーマパーク、花火大会やアウトドアなどできっと大活躍するでしょう。

イージータックハーフパンツ+E

Sample Content

>特徴
・ワイドフィットで股下のやや下がったロークロッチデザイン。
・高密度のコットンにウォッシュ加工を施し、カジュアル感をプラス。
・ラクにはけるイージーウエスト仕様。

¥2,990+消費税
商品番号:407587
そして個人的にかなりオススメな第2弾の隠れた(隠れてないかも…)良アイテムのサンダル。クッション性の高いEVA素材が使用されたベルクロ仕様で夏の足元をオシャレに演出してくれる事間違いなし!しかもシンプルでオシャレなブラックとホワイト。

サンダル

>特徴
・かかとのないデザインなのでとても軽くてラクにはける。
・足裏の型に合わせたクッション性の高いEVA素材を使用して、はき心地の良さをアップ。
・ストラップは簡単に付け外しができるベルクロ仕様で調整可能。

¥2,990+消費税
商品番号:405412

いかがでしたでしょうか。

UNIQLO×UniqloU(ユニクロU)第2弾2018年春夏現地レポート!メンズ編

前回2017年秋冬のとき第2弾の現地レポート記事が出来たかったので今回は絶対やろうと決めていました。

アイテム数こそ14型+1型と少ないものの少数精鋭とはまさにこのこと。どのアイテムも1カラーづつは揃えていきたいマストバイなずっと使っていける良アイテム揃い!

今回も皆さまのアイテム選びと、情報活用のご参考にして下されば幸いです。

次は、UNIQLO×UniqloU(ユニクロU)第2弾2018年春夏現地レポート!レディース編

を記事にしたいと思いますので、ファッション大好き女子の方は楽しみにしていて下さい!

それでは今度とも、引き続きのお引き立てよろしくお願いいたします。

Uniqlo U Spring/Summer 2018 Interview_JP

高級感とは、服を身につけた時に感じるものだと思います。

着心地の良さはもちろん、動きやすさなどの機能性も重要です。

今シーズンは夏らしい気楽な雰囲気にインスピレーションを受けました。

明るく、鮮やかな色彩に惹かれたのです。

それらをしっかりしていて。

心地よく、より魅力的なものにしようと考えました。

着心地の良さ、実用性にも優れているというのは、

LifeWearコンセプトの基本的な要素にすぎません。

このコンセプトを理解できる、優れたデザイナーでチームを結成しています。

ユニクロのお客様のニーズから、

新たなソリューションを考えること。

これこそ、ユニクロのブランド意義だと考えます。

From Christophe Lemaire

スポンサーリンク