ルイスレザー No.391 ライトニング 着こなしとコーデまとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
出典:https://wear.jp/mwyco/

Lewis Leathers(ルイスレザー)を代表し、No.441 サイクロンと人気を二分するアイコンモデル、No.391 ライトニング。気になるカッコいい着こなしと、コーデを総まとめ!ディティール違いのNo.402 ライトニングについても同時にご紹介していきたいと思います!

Lewis Leathers

LIGHTNING JACKET No.391

1960年代から1970年代にかけて生産されてきた、ルイスレザーズの顔と言っても過言ではない人気商品。最も独創的で、英国らしさの漂うデザイン。左袖にジップポケットが配された1970年代モデル。

革の厚さは1.3㎜以上を保証する、品質、防御性において最高ランクである英国産カウハイドだけを使用し、英国工場の熟練工達によって1着1着、伝統のハンドメイドで製作されている。

引用元:ブラックマーケットページ商品より

数々のファッショニスタ、そしてレザーを愛してやまないレザージャケットマニアをも魅了し、多くのファッションブランドがこぞってコラボレーションするイギリスのロンドンを拠点とするUKライダースブランド

Lewis Leathers(ルイスレザー)

そのルイスレザーから、Lightning(ライトニング)と呼ばれる、ダブルライダースモデルの中でCyclone(サイクロン)と人気を二分するアイコンモデル。1960年代から1970年代にかけて生産されてきたこのライトニングの最大の特徴はフロントに左右対称に配置された胸の縦ジッパー。そして左右の腰のダブルベルト。さらにモデルを象徴するディティール、肩のV字ヨークと腰の幅が広いヨーク。

また、フロントのサイドベルトの配置が前から後ろへ。すっきりしたフロントデザインに代わりに配置されたフロントジップ横のスナップボタンが特徴の、No.402 ライトニングも同様にルイスレザーを代表するアイコニックなライダース。

またNo.402 ライトニングはラモーンズのトリビュートコレクションとして制作されたことが発祥のモデル。その事から多くのロックミュージシャンが愛用しているモデルでもある。(No.391とともに)

甲本ヒロトさん ザ・クロマニヨンズ

GOTZさん ギターウルフ

小峠英二さん バイきんぐ

岩田 剛典さん 三代目J Soul Brothers、EXILE

登坂 広臣さん 三代目 J Soul Brothers

女性タレントでは、私物着用ではないものの本田翼さんが「VOGUE GIRL」の撮影で着用されました。

織るライダースにと幅広く人気があるモデルです。

雑誌 STREET BIKERS'(ストリートバイカーズ)

2017年7月24日(月)に発売したSTREET BIKERS'(ストリートバイカーズ)20周年記念9月号に、Lewis Leathers特製キーホルダーが付属しました!このスペシャルな&quo...

雑誌 Lightning(ライトニング

などでも掲載の常連となっておりたびたび特集されています。

そんな数多くのカリスマ芸能人やファッショニスタに愛されるルイスレザー、屈指の人気アイコンモデル「ライトニング」の着こなしとコーデをご紹介していきたいと思います!

着こなし例 & コーディネート

WEARから、なんと!86件のお気に入りと、826もの「いいね」を獲得している圧倒的な人気コーデを披露してくれたのは、yochioさん。

絶妙なサイズ感で着こなしたライトニングのインナーは定番インナーのグレーカラーのチャンピオンのジップアップパーカー。ブラックのスキニーパンツにドクターマーチン8ホールのチェリーカラー。全てが王道の定番ルックがここまでカッコいいのは全てのアイテムが絶妙で完璧なサイズ感で着こなされているのと、ベレー帽にサングラス、ベルト使いとベーシックを極めつくしたコーディネートでしょう。

中田クルミさんの可愛すぎるルイスレザーコーデ。すいませんあまりに可愛いかったのでコーデ関係ありません(笑)ルイスレザー着てますね💞クルミさんが美人すぎます💞

ライダースからインナーのグレーのパーカー。さらにジップアップを全開にしてグラフィックTシャツとネックレスのアクセサリー使いが上級者なコーディネート。ボトムスのクラッシュデニムもインブーツすることですっきりとしたライダースコーデが完成。

またも登場のyochioさん。全身ブラックのみでコーディネートした着こなしもポイントを押さえたアイテム使いとサイジングでここまでカッコ良いオーラ全開な着こなしに。

実はyochioさん。管理人のインスタグラムのフォロワーさんでもあります。

そして、yochioさんは「SILVERWIGS」というメロディックパンクバンドのベースボーカルをされています。そりゃカッコいいはずだ!そんなyochioさんをこれからも応援します🎵(ルイスレザーをライブで着て下さい(笑))

そらさんの、細いピッチのボーダーTシャツにアンクルパンツ。そしてローファーを合わせる英国紳士なコーディネート。こんな大人で紳士風な着こなしにもルイスレザーはばっちり合います。

ライトニングはライダース女子に大人気です。ローリーズファームのガーリッシュなリブニットにアンクルスキニージーンズ。アディダスのスーパースターで、キレイなお姉さんは好きですか?>>はい!大好きです💞コーディネートの完成。

カラーレザーで人気カラーのターコイズカラーのライトニングに、グラフィックTシャツ。ラインストライプのジョガーパンツ。whoop-de-dooのスニーカーでストリート系コーディネートがカッコいいファッション上級者な着こなし。ぜひ参考にして欲しいところ。

なおきさんのレッドカラーのライトニングをライダース以外全てブラックで統一したシックで大人なコーディネート。細すぎずジャストなサイズ感が大人な着こなしに一役買っています。こちらもお手本にしたいコーデ。

yochioさんのロック全開なコーデ①。インナーのストライプシャツ。スキニーをアンクル丈でロールアップ。マーチン1461 3ホールと着こなしが本当に上手い!マーチンのシューレースを雰囲気に合わせて白に交換しポイントを絞っているのもまた上級者な見せ方。

yochioさんのロック全開なコーデ②。フロントジップを上まで閉めてシンプルですっきりしたコーディネートの足元を飾るジョージコックスのクリーパーはベージュのスエードなのがまた憎いコーデ。yochioさんが上級者なのは絶妙なサイズ感じと見せるポイントをワンポイントに絞ってごちゃごちゃした着こなしにならないように気を配っているところでしょう。

yochioさんのロック全開なコーデ③。ライトニングに合わせたロールアップしたブルーデニムの足元にはマーチン、チェリーの3ホール。こちらはよりカジュアルを意識されておりソックスの色使いがまた上手い。

ライトニング以外はヒステリックグラマーのインナーとクラッシュデニムを合わせナイキのスニーカーでまとめた裏原系トレンドミックスなコーデ。ヒステリックグラマーはルイスレザーとも毎年コラボレーションしているだけあり相性は抜群。

マニア垂涎の逸品のプレミアモデル、コムデギャルソンとのコラボレーションモデル No.391 ライトニングを、AMIRIのパンツ。サンローランのブーツを合わせたモード全開な全身とってもお高いハイブランドコーデ。それだけに高級感はハンパないですね。

ライトニングに合わせるのはシュプリームのビーニーにボックスロゴTシャツ。クラッシュデニムにナイキのスニーカーをストリートトレンドな三代目風スタイルに。

KENさんコーデもう一つ。同じくシュプリームのビーニー。Tシャツに、mnmlのクラッシュデニム。そしてカニエウェストの、adidas yeezy boost 350 V2を合わせた最旬コーデ。白いTシャツにブルーデニム。そしてアディダスのプライムニットスニーカーはまさに今をときめく着こなしでしょう。

ラウンジリザードのデニムにコンバース、オールスターを合わせた、yochioさんによるメンノン系オシャレカジュアルなコーデ。股まで隠れるインナーのサイズ感とアンクル丈ロールアップから覗くハイカットの足首シューレース巻きと細かいオシャレテクが散りばめらているこちらも上級者な着こなし。デニムとスニーカーの汚れ具合も雰囲気に一役買っていてとにかく上手い。

とってもシンプルで綺麗なモード系スタイル。ルイスレザーの正規代理店「ARKnets」のSTAFFさんだけに雰囲気作りが本当に上手い。オーバーサイズ気味の白いTシャツに、URUのアンクル丈のパンツ、メゾンマルジェラのスニーカーがマッシュヘアースタイルにマッチしたトレンドスタイルの完成。

いかがでしたでしょうか?どのコーディネートもルイスレザーを象徴するライダースのライトニングを各々のスタイルでカッコよく着こなしているファッショニスタばかり。

そして共通して言えることはルイスレザーを着る誰もがルイスレザーを、そして革ジャン(ライダース)を愛してやまない「ルイスレザー愛」に溢れているのが写真越しに伝わってきますね。

皆様も今回ご紹介したファッショニスタ達に負けないカッコイイ着こなしで今年もルイスレザーを羽織って欲しいと思います。

これから購入を検討されている方はぜひその着こなしと自分に合ったサイズ感を参考にして欲しいと思います。

そこには男なら誰もが憧れる手に入れた一生ものの革ジャンが、貴方に袖を通されることを待っているハズですから‼

ルイスレザーズ公式本『Wings,Wheels & Rock’n’Roll vol.1』

ルイスレザーズの歴史についての詳しい解説と1600点以上の豊富な写真が掲載!

ルイスレザーファン、そしてマニアを名乗るなら必買いのバイブル📚もちろんこれからルイスレザーを着たい方にもこの本でぜひ造詣を深めて、一生もののライダースを手に入れるための事前知識にして下さい!

Lewis Leathers Japan(ルイスレザージャパン)

Lewis Leathers Japan

スポンサーリンク