ZOZOTOWN ARIGATO メンバー 全品10%OFF会員どれだけお得か徹底検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
出典:http://zozo.jp/zozoarigato/

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)会員に向けて社会貢献型の有料会員サービス「ZOZOARIGATOメンバーシップ」が12月25日(火)よりスタートしました。月額500円または年額3000円の会費でゾゾ内の全品がさらに10%割引になり、さらにセールの先行招待もあるお得なサービス!月間プランか?年間プラン?いくら買えばお得なのか?徹底検証してみました!

ZOZOARIGATOメンバーシップ

前澤友作氏が代表取締役社長を務める、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)が登録している会員に向けて新しいメンバーシップサービスを開始しました。

あなたのお買い物から生まれる

「ARIGATO」

をキャッチフレーズに2018年12月25日(火)から「ZOZOARIGATOメンバーシップ」という名称の社会貢献型の有料会員サービス。

入会特典のARIGATO割引額は、自分のお買い物の他に、各支援団体や、ショップなど、様々な「誰か」の応援に使えるというまさに「ありがとう。」をテーマとした会員サービスです。

メンバーシップ概要

そして気になるその内容とは、会費が月額500円(税抜き)の「月間プラン」と年額3000円(税抜)の「年間プラン」と2プラン用意。年額プランは月額500×12=6000円が実質6ヶ月分無料となるお得なプランに設定されています。

ZOZOARIGATOメンバーの特典はかなりすごい内容となっており、入会特典として全品10%OFFのARIGATO価格で商品を買えるだけでなく、割引額の一部を指定する
誰か(様々な寄付先)の為の応援に使うこともできるというもの。

そしてこの全品10%OFFの驚愕な点は本当に全品が対象なところ💦

すでにセール価格にであろうともタイムセール中であろうとも

さらにクーポン対象のものでもあろうとも

更にそこから10%OFFになるんです💦

すげー💦

そしてこの価格がいかにお得で安いのか💦

検証する比較画像がコレです👇

ZOZOTOWN

ブランド公式

ゾゾの値引き後通常価格が、公式SALE価格と同額なので、ARIGATO価格は…公式より529円安い💦

ZOZOTOWN

ブランド公式

さらにスゴイのがこちら💦

ゾゾの値引き後通常価格が、公式SALE価格と同額ですが、ゾゾのクーポン対象日なのでゾゾはさらに1,000円引きなっています。

さらにARIGATO価格は…公式より1,599円も安い💦

驚きの割引額が実現しているという事になります。

さらに全品10%OFFのほかにも新春セール先行招待が特典となっておりこの先行招待については入会時期によって変動する事になると思います。

ただし、全品10%OFFの特典に対してダウンサービスもありますので(ほとんどデメリットにはなりませんが。)記載しておきます。

特典に関しての注意事項

※割引限度額は毎月5万円(税込)までとなります

※ARIGATO価格で商品を購入された際、還元ポイントは付与されません。但し、ZOZOCARDでお支払いの場合に限り1%還元となります。

つまり全品10%OFFの恩恵を受けられるのは月額MAX5万円(税込)までのお買い物という事になります。5万円の10%OFFは5000円となるので十分すぎる割引額と言えるでしょう。

仮に割引限度額を1年間MAXまで購入したならば

600,000円の10%OFFは60,000円となります。

年額3000円(税抜)を引くと単純に

60,000円(割引限度額) 3000円(年会費) = 57,000円(割引額)

となりすごい割引額となります。

そして還元ポイントについては下記を参照。

〇ZOZOTOWNでのポイント還元は、

商品代金(税抜き)の1%

「1ポイント=1円」です。

【ZOZO ID】ZOZOポイント1%還元

【ZOZOARIGATOメンバーシップ】ポイント無し。

〇ZOZOCARDでの支払いの場合

【ZOZO ID】ZOZOポイント2%還元

【ZOZOARIGATOメンバーシップ】ZOZOポイント1%還元

いずれも通常会員よりも1%少ないので、全品10%OFFからポイント還元までを計算に入れるならば

〇【ZOZOARIGATOメンバーシップ】は

実質全品9%OFF

という事になります。となっているのは全品10%OFFにする基準額とポイント還元の基準額が違うため、あくまで参考計算程度でご理解下さればと思います。

プラン徹底検証

「月額プラン」

まずこちらをご覧下さい。いくら以上購入すれば元が取れるのか?

月額プランの場合を損益分岐表に無理やり当てはめてみました。

損益分岐表「売上高」と「変動費」、「固定費」で計算します。

「売上高」は「通常価格」で購入した場合に当てはめます。

「変動費」が「ARIGATO価格」で購入した場合に当てはめます。

「固定費」はもちろん「月間プラン」の500円(税別)です。

大それた表にしましたが当たり前ですが、損益分岐は

「通常価格」ベース計算で月額で5000円以上の購入。

「ARIGATO価格」ベース計算で「ARIGATO価格」+「月額プラン500円(税別)」で月額で5000円以上の購入となります。

そこから月額の500円を差し引いてどんどのお得になっていく値引き額となっていきます。

「年間プラン」

そこで今度は「年間プラン」の場合を損益分岐表に当てはめました。

年間プランはご説明した通り実質6ヶ月分無料の3,000円です。

その場合まず月当たりの会費を算出するために、3,000円を12か月で割ります。

3,000円(年会費(税別)) ÷ 12か月 = 250円(会費/月割り(税別))

・「月当たり」での損益分岐

「通常価格」ベース計算で月額で2,500円以上の購入。

「ARIGATO価格」ベース計算で「ARIGATO価格」+「会費/月割り250円(税別)」で月額で2,500円以上の購入となります。

・「年間通して」の損益分岐は

「通常価格」ベース計算で月額で30,000円以上の購入。

「ARIGATO価格」ベース計算で「ARIGATO価格」+「年会費3,000円(税別)」で27,000円以上の購入となります。

必要購入価格の比較は…

月間プランの月の損益分岐価格(ARIGATO価格)  4,500円

年間プランの月の損益分岐価格(ARIGATO価格)  2,500円

年間プランのほうが、2,000円も必要購入価格が安い

月当たりの会費の比較は…

月間プランの会費/月額     500円(税別)

年間プランの会費/月割り  250円(税別)

年間プランのほうが、250円(税別)も会費(ラインニングコスト)が安い

年間プランの場合は年間通して27,000円以上の購入が損益分岐の最低条件となるわけですが、当たり前ですが、それはゾゾのみでの利用額。

他の公式サイトや店舗で直接買ったりファストファッションを購入したりと、けっこう分散するものです。

なので「ZOZOARIGATOメンバーシップ」に入会する前に今一度、購入履歴から年間どれだけの金額を購入しているか?を計算してみることをオススメします。

契約期間について

「ZOZOARIGATOメンバーシップサービス規約」の第2条 (本サービス)より抜粋。

「月間プラン」

登録日から起算して一ヶ月間とします。
但し、29日以降に登録した場合、翌月27日までとします。
契約期間が満了する日までに第7条に定める退会予約申請が無い限り、一ヶ月間自動更新し、以後同様となります。

「年間プラン」

登録日から起算して一年間とします。
但し、29日以降に登録した場合、翌年27日までとします。
契約期間が満了する日までに第7条に定める退会予約申請が無い限り、一年間自動更新し、以後同様となります。

いずれも登録した日を起算日としての計算となっています。

例えば、2月5日からの契約開始なら「月間プラン」は、3月4日まで。

「年間プラン」は、翌年2月4日まで。

という事になりますね。

ただしどちらも、29日以降。例えば、29日・30日・31日が登録した日ならば「月間プラン」なら翌月「年間プラン」なら翌年の27日までとなるので注意が必要です。

「月間プラン」と「年間プラン」どちらに入会するべきか?

そしてここである疑問が出てくるのでは?と思います。

いくら年間プランの会費が実質6ヶ月分無料の3,000円(税別)だとしても、損益分岐価格以上に購入するのは、年に3~4回くらい。

それならば損益分岐価格以上の購入額に達する月だけ、例えば12か月の内、4か月ならその4回だけ入会すれば、500円(税別)×4で2,000円(税別)で済むじゃないか。と。

となると、入会👉一旦退会👉また入会を繰り返すわけですが、そんな都合の良い入退会をそうは問屋が卸しませんでした(笑)

「ZOZOARIGATOメンバーシップサービス規約」の第7条にこう記載されています。

第7条 (本サービスの退会予約申請及びその撤回)

  1. 本会員は本サービスについて、契約期間中において、当社所定の手続を経て、契約期間満了をもって退会する退会予約申請をすることができます。この場合、本サービスの契約期間の満了日をもって本会員の資格を喪失するものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、月間利用サービスを選択した本会員は、本サービスの登録日から起算し7日間は本サービスの退会予約申請はできないものとします。
  3. 本会員は契約期間中において、当社所定の手続を経て、第1項の退会予約申請を撤回することができます。
  4. 本会員は本サービスについて契約期間の満了前に本サービスを退会することはできません。よって、当社はいかなる場合も本会員が支払済みの利用料金を返金する義務は負いません。
  5. 本会員が本条に基づき本サービスを退会した場合、退会日から起算して90日間は本サービスの月間利用サービスは再登録ができません。

本サービスを退会した場合、退会日から起算して90日間は本サービスの月間利用サービスは再登録ができません。

そうなんです。退会した日から90日間は再登録、つまり再入会が出来ないのです💦

ですよね💦都合良く入会したり退会したり出来ればプランの意味も薄れますからね💦

「ZOZOARIGATOメンバーシップ」で

「月間プラン」で再登録を繰り返していくならば?

のイメージです。

退会してからの執行期間が90日で約3カ月間。

そしてまた一か月だけ会員に…を繰り返すならば、年間で会員に入会出来る月が、たったの3カ月しかありません。

しかもこの執行期間の縛りが入会したいのに入会出来ないという制限が付いて回り自由な選択(入退会したい月の選択)が困難になります。

この会員執行期間中に欲しいものが5,000円以上ありまた次の月も、とかになると退会して失効期間でなければ、この間もお得に購入出来ていたのに…と後悔することにもなるでしょう💦

結論としては

ファッションにこだわりを持つファッショにスタならば購入する単価も高い方が多いと思います。そうすると下手したら1回の購入額が簡単に27,000円を超える人もいるでしょう。

日常毎日私服で多く過ごす方なら購入単価は低くても数を多く購入すれば必然年間購入金額もいい金額になるのではないでしょうか?

そういった方は迷わず「年間プラン」をオススメします。

私服を着る機会が休日くらいで、かつ購入する単価が低いライトユーザーは90日間の執行期間があろうとも「月間プラン」が無難だと思います。

最善の選択はやっぱり購入履歴から過去の購入データを洗い出して損益分岐価格以上の購入が一年のうち何か月あるか?で「年間プラン」もしくは「月間プラン」を選択するのが一番だと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク