エディスリマン「セリーヌ」2019-20秋冬 全66ルック&コレクション動画まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11

Céline(セリーヌ)の新ディレクターに就任した、エディ・スリマン(Hedi Slimane)による新生「CELINE」の2シーズン目となる2019-20秋冬コレクションがついに発表。2019年1月20日(日)(現地時間)に開催されたランウェイではメンズ全66ルックが登場。今回も変わることのないエディワールドが展開。もちろんSNSでは話題騒然。全66ルック&コレクション動画そしてSNSまとめです。

Hedi Slimane named Artistic, Creative and Image Director of CÉLINE

エディ・スリマン(Hedi Slimane)とは?

1968年7月5日生まれでフランス出身のファッションデザイナー。

パリ政治学院を卒業後、エコール・ド・ルーブル(ルーブル美術学校)で美術と歴史を学んだ後、ファッションデザイナーとしての服作りは独学で学んだという自身のキャリアは美術がバックボーンとなっている経歴の持ち主。

その後「ジョゼ・レヴィ」でファッションディレクターを務めた後、ジャン・ジャック・ピカールの下でアシスタントを務めその才能を開花し、ついには1997年に、「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ・オム」のディレクターに就任した。

そのイヴ・サンローランでファッション業界から一躍脚光を浴び”エディ・スリマン”の名が世界に知れ渡ることに。そして2001年からご存じの「ディオール・オム(DIOR HOMME)のデザイナーとして世のファッショニスタを魅了していくこととなる。

そして2018年、Céline(セリーヌ)の新ディレクターに就任。2018年9月28日(現地時間)2019年春夏パリコレクションでエディ・スリマンによる新生セリーヌが誕生。ブランドロゴも「CELINE」へ改められた。

そして2018年9月28日(現地時間)、待望となるエディ・スリマンによる新生セリーヌ。2019年春夏パリコレクションが開催されました。

2019年春夏パリコレクション ランウェイ動画

Celine Spring/Summer 2019 | Hedi Slimane Debut | Paris Prêt-à-porter

Céline Spring/Summer 2019 | Hedi Slimane Debut | Paris Prêt-à-porter

復活したエディのコレクションは変わることのない一貫して「少年性」と「ロック」がテーマ。細く長身のモデルがボトムスの前ポケットに両手を突っ込み少し前かがみの姿勢でランウェイする姿はサンローランから引き継がれている。

メンズに見られるデザインはサンローランの2015/2016年秋冬コレクションのテイストにディオールオム時代のテイストが散りばめられたそんな印象だった。

2016年秋冬でサンローランを退任。Céline(セリーヌ)の新ディレクターに就任した、エディ・スリマン(Hedi Slimane)によりブランドロゴも「CELINE」へ改められついに、201...

2019-20秋冬パリコレクション ランウェイ動画

Céline Fall/Winter 2019.20 | Paris Prêt-à-porter Homme

Céline Fall/Winter 2019.20 | Paris Prêt-à-porter Homme

パテントやレザー、そしてレオパードがあしらわれたクリーパーに10ホール前後のロングブーツを足元に、ザ・ジャム (The Jam) や、ザ・フー(The Who)のような髪型にカットされたモデルがモッズ・スカファッションに身を包んだそれは、201415秋冬メンズ – サンローラン(SAINT LAURENT)を彷彿させるコレクションだった。そして、それでいて英国紳士を思わせるスタイルはセリーヌに相応しいエレガントさを合わせ持っていた。

ただ細くタイト一辺倒だったそれまでとは打って変わり、肩がはった肩幅の広いトップスに、よりハイウェストでクロップド丈でカットされたボトムスはゆとりがあるシルエットだったりと、非常に面白いシルエットに挑戦してきたのが印象に残るコレクションでした。

2019-20秋冬パリコレクション 全66ルック

SNS(Instagram・Twitter)まとめ

ショーのラスト、モデル全員でのランウェイでは伝説的なミュージシャン、ジェームス・チャンス(JAMES CHANCE)の生演奏をバックに行われた。

ツイッター ツイート 賛成派(肯定派)

ツイッター ツイート 反対派(否定派)

前回2019春夏のファーストコレクションでは真っ二つに割れ半々だった肯定派と否定派。共通するワードは「変わる事がない」というそのコレクションを肯定的に捉えるか否かでした。

それが今回2019-20秋冬では過半数が肯定派となり否定派がほとんど見受けられなかったように思えます。エディスリマンのブレないロックファッションに対する愛とそのスタイルは確立したスタイルであるとともに、剛腕とも言えるエディのファッションはどんなに時代が変化しようとも変わらずカッコイイ。そして変わらない変わらないとは言いつつもちゃんとその時代ごと着実にアップデートしているように思います。

それはまさに時代が求める稀代の天才カリスマデザイナー、ファッションの歴史的人物だからこそ、なせる業でしょう。

ディオールオムのときにファッションシーンの価値観を変えてしまうほどの衝撃をもたらし、それはサンローランからセリーヌへ移り変わっても変わる事なく受け継がれるエディスリマン伝統のスタイル。

その伝統のスタイルはいつの時代でも誰が着てもカッコいい。これ以上ない最高級のロックファッション。それがエディスリマンが作り上げるファッションだと今も確信しています。

エディ・スリマン(Hedi Slimane, 1968年7月5日 – )

略歴

フランス・パリにおいて、チュニジア系の父親とイタリア系の母親との間に生まれた[3]

  • 1988年 – パリ政治学院を卒業後、エコール・ド・ルーブル(ルーブル美術学校)で美術と歴史を学ぶ。
  • 1990年~1997年 – ジョゼ・レヴィのメゾンやジャン・ジャック・ピカールの元で働く。
  • 1997年 – イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ・オムのディレクターに就任。
  • 2000年 – クリスチャン・ディオールに招かれ、ディオール・オムのディレクターに就任。
  • 2007年 – 2007-2008 A/Wコレクションを最後にディオール・オムのクリエイティブ・ディレクターを退任。後任にはスリマンの元アシスタント、クリス・ヴァン・アッシュが就任。
  • 2012年 – 3月7日、イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクター就任を発表。今回は、メンズ・ウィメンズの全コレクションを統括する。ブランド名を「サン・ローラン・パリ」(サン・ローラン)とし、ネームロゴも一新した。
  • 2016年 – 4月1日、サン・ローラン・パリのデザイナーを退任。
  • 2019年春夏より、セリーヌのチーフデザイナーに就任。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク