キム・ジョーンズ、Dior Homme 2019SSパリメンズショーでカウズとタッグ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

元ルイ・ヴィトン メンズ・コレクション アーティスティック・ディレクターで、ディオール・オムの就任が決定している、キム・ジョーンズ氏(Kim Jones)が、2018年6月23日(土)17時から開催される氏Dior Homme初となる2019年春夏パリメンズショーで、あのカウズ氏(KAWS)とタッグを組んでの新しいプロジェクトを自身の公式インスタグラムで発表した。ブランドを象徴するBeeの目が(×)バツになってショーの招待状に添えられる。

DIOR COLLECTION HOMME ETE 2019

ここで私は三日後にショーに行きます。@dior @kaws

アイコニックなディオールを象徴するBee(ハチ)に続いてください。

それはカウズによって再解釈されます!
この6月23日土曜日に開催される、キム・ジョーンズ氏による初めてのコレクションであるパリでのディオールメンズショーへ向かいます。

キム・ジョーンズ氏とディオールでの新しいプロジェクトに取り組めて嬉しく思います。

世界的に著名なデザイナーで、 7年間にわたりルイ・ヴィトン メンズ・コレクション アーティスティック・ディレクターを務め、2018秋冬メンズコレクションをもって惜しまれつつも退任したキム・ジョーンズ氏(Kim Jones)

クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)が退任したあとの、ディオール オム(DIOR HOMME)への就任し、2018年6月23日(土)17時から開催される氏のDior Homme初となる2019年春夏パリメンズショーでデビューコレクションとなる。

今までルイ・ヴィトンで、Supreme(シュプリーム)と、ルイ・ヴィトン退任からこれまでの間に、GU(ジーユー)とのカプセルコレクション、Nike Lab(ナイキラボ)とのコラボレーションとことごとく大きな話題を呼び大成功を収めてきた、今や時の人と言っても過言ではない、氏がディオームオムの初コレクションで、なんと「(×)バツマーク」を書き込むグラフィティアーティストとしてニュージャージー生まれのアーティスト/デザイナー「KAWS (カウズ)」とタッグを組み新しいプロジェクトをいきなり始動させる事がそれぞれの公式インスタグラム(※上記3つの投稿)で発表された。

ディオールを象徴するアイコニックなBee(ハチ)の目が(×)バツになってディフォルメグラフィックとなりショーの招待状の周囲を飛び回ったあと、招待状の印刷に添えられる。

カウズ氏が、ディオールでの新しいプロジェクト』と述べているように、なんらかの形でこの(×)Beeがプロダクトのアイテムに使われるのでしょうが、それは2018年6月23日(土)17時から開催される「Dior Homme」2019年春夏パリメンズショーまでのお楽しみですね!

KAWS(カウズ)とは?

KAWS

KAWSは、ブルックリンに拠点を置く、ニュージャージー生まれのアーティスト/デザイナーである。

wikpedia

KAWS (カウズ)といえばあのお目めに(×)バツマークを書き込むグラフィティアーティストとしていまや世界に名をはせるデザイナー。

BAPEのNIGO氏と深い交友関係もあるため、日本中誰もが知るユニクロ「UT × KAWS × PEANUTS」のコラボレーションはあまりに有名。

テリヤリボーイズの頃に親交を深めたYeezyことKanye West(カニエ・ウェスト)も自身のアルバムのジャケットにKAWSを起用している。

スポンサーリンク